トップページ

長崎県議会議員 山口はつみ オフィシャルホームページ


ごあいさつ

  •  今年の秋は例年になく災害の多い年になりました。台風15号、19号と立て続けに日本各地に襲来し多くの風水害が多発し爪痕を残しています。被害に遭われた皆様に心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。
     長崎県議会としても被災された各県に災害見舞金を送り一刻も早い復興復旧を祈念したところです。このような状況の中、私たちの長崎県は特別な大規模災害もなく、爽やかな季節を迎えることが出来ました。
     皆様にはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。
     実りの秋、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、皆様はどのような秋をお望みでしようか。
     来年は東京オリンピック、パラリンピックが開催されますがラグビーのワールドカップにおいては強豪国が多い予選リーグを無傷の4連勝でベスト8に勝ち上がりました。ひたむきに、耐え、そして縦横無尽にゴール目指し駆け巡る桜のジャージーに歓喜の声を上げたところです。
     茨城県で開催された「いきいき茨城ゆめ国体」において長崎県はソフトボール成年男子、少年女子及び陸上少年男子の2種目優勝等目覚ましい活躍で昨年の総合41位から26位と大きく順位を上げ目標の20位台を達成し県民に元気を与えてくれました。
     私も県議会において、改革21に籍を置き会派長として努め、環境生活委員会、離島半島振興特別委員会においてしつかリと活動をさせていただいています。
     9月定例会を終え引き続き、予算決算委員会においては決算審査の総括質疑に登壇して
     1.財政指標について
     2.公有財産の管理について
     3.災害復旧費について
     4.予備費について 等
    今後の県政に活力を与えられるように、知事及び所管部長と質疑を交わし提言を行いました。
     県民の皆様、変わらぬご指導、ご支援をお願致します。
  •  
  •                  令和元年11月
  •  
  •  残暑お見舞い申し上げます。

  •  猛烈な暑さも峠を越え、朝夕は幾分涼しく感じる、
    爽やかな良い季節を迎えようとしています。皆様元
    気一杯お過ごしのこととお喜び申し上げます。

  •  私は、4月の統一地方選挙において、諫早市民の皆
    様の力強いご支援を頂き、4年ぶりに県議会議員と
    して復活当選をさせて頂きました。
     所属会派は、歴史と伝統ある改革21に所属し、渡
    辺敏勝会長の勇退に伴い、会派長を勤めさせて頂く
    ことになりました。
     浅学菲才ではありますが、会派所属9名の同志の
    支援を得ながら、力一杯努めて参ります。
     常任委員会は環境生活委員会に席を置き、更に離
    島半島振興調査特別委員会で、県政発展、諸課題の
    解決へ向け頑張って参ります。
  •  
  •                  令和元年8月
  •  
  •  平成最後の新年がスタート致しました。
    皆様におかれましては、希望あふれる新しい年をお迎えになられた事とお慶び申し上げます。
     昨年は大阪北部地震、西日本豪雨、度重なる台風、北海道胆振東部地震など、自然災害の猛威に襲われ甚大な被害をもたらしました。
     被災地、被災者の皆様が一日でも早く復旧復興が実感できるように、行政、民間、住民が一体となっての取組みが必要です。
     今年は12年に一度の統一地方選挙と参議院選挙が行われる選挙イヤーです。
     私は、県政に活力!諫早に輝きを!のスローガンのもと諫早市選挙区の県議選出馬に向けて準備を進めています。

  •  私は出馬にあたり7つの決意を持って頑張ります。
    ○ 人口減少ストップ!地域の活性化を図ります。
    ○ 命と健康を守る医療制度、介護制度を維持充実します。
    ○ 中小企業の活力強化を図り、経営感覚に優れた農林漁業の担い手確保育成を図ります。
    ○スポーツ文化を通じた健全な青少年の育成と教育の充実を図ります。
    ○ 新幹線のフル規格化と共に、道路網を整備し活力ある地域をつくります。
    ○ AI及びIoTを利活用した地方創成を推進します。
    ○ 県央諫早の行政課題に全力を傾注します。
     議員の役割は住民と行政の橋渡し役です。 私は皆さんの声を聴き、健全で活力ある県政を目指し全力投球をします。
     ご指導ご支援をよろしくお願い致します。
  •                  平成31年2月
  •